早めの対応が効果的

髪の分け目やつむじが目立ってきたり、生え際の後退を感じたら、なにはともあれ、一刻も早く育毛対策をとるべきです。

「早めの対応が効果的」と謳っているのはセールスが狙いというわけではありません。

「育毛」はいまある髪や毛根に働きかけていく自然な方法なので、弱り切るまで放っておくと本当に手遅れになってしまいます。

継続的な育毛はコストがかかりますが、自然に見える最近のカツラや増毛法はさらに高額なんですよ。

薄毛は発毛より脱毛が多い状態で進行しますが、その原因は人それぞれです。

どのような対策をするにしても、AGA(薄毛)検査を受けるのが良いでしょう。

検査は保険がききませんから全額自費ということになりますが、検査内容によっても1?3万円と料金に開きがあります。

しかし、AGA(男性型脱毛症)かそうでないかによって対策の有効性はガラリと変わりますから、自分に合わない育毛対策をして時間と費用をムダにするより、効果的な育毛方法を探すべきです。

クリニックに来院するほど精密ではありませんが、AGAの特効薬であるミノキシジルが効くタイプなのか判断できる検査キットを購入して、自宅で検査することもできます。

機能を限った限定版のようなものなので、よくよく考えて購入すべきですが、本当に忙しい人にはそれなりの評価を得ているようです。

位置が遠いので関連性が薄いと思われやすいものの、腸内環境と育毛は実は深い関連性があります。

腸の環境が悪化して便通が悪くなってしまうと、腸内に停留している食品から体に有害になる成分が発生して、腸から毒になる成分が全身を巡ってしまうからです。

腸内の状態を良好にするためには乳酸菌が効くのはご存知の方も多いかもしれません。

それから、乳酸菌は腸の内部の環境を良好にするのみならず、発毛を促進する成分のIGF-Iが胃腸内で分泌されるのをより増加させる作用を持っていて、重ね重ね育毛に効果的であるといえるのです。

洗髪が原因で抜け毛が起こっていることもあり、湯シャンを始めると、頭皮の調子が整い、育毛がうまくいくようになる可能性があります。

まずはじめにブラッシングを行います。

それから頭全体をぬるま湯で流し洗いしますが、ゴシゴシ力を込めて洗わないで、お湯を流しながら、毛穴を広げるようなイメージで、汚れをおとしていくようにするのが湯シャンのコツと言ってよいでしょう。

お湯の洗浄力というのはなかなかのもので、湯の温度が高くなると洗浄力があがります。

しかし熱い湯をつかうと乾燥肌になる可能性がありますので、お湯の温度は「ぬるいかな?」と感じる程度でよいでしょう。

湯シャン後、クエン酸やお酢などを薄めて作った、リンス代わりになる液体を髪になじませるようにすると、キシキシした感じには、なりません。

男性ホルモン由来の脱毛症であるAGAは、毛の抜け始める部位が似ているのが特徴です。

額の生え際からM字形に髪が薄くなるのと同時に頭頂部も薄くなり、横や後頭部はあとあとまで毛が残るスタイルが最も多く、その形状から昔は帽子をかぶるとハゲになるなどと言われたものです。

こういったAGAの典型的な症状とは異なり、硬貨ほどの大きさで丸く抜け毛が発生するのは円形脱毛症であって男性型脱毛症とは発症原因も違います。

もうひとつAGAの特徴としては時間とともに症状が進行するという点があります。

検査でわかることもありますから、気になりだしたら放置せず、AGA専門を謳っているクリニックなどの診察を受けるようにしましょう。

ブドウの種から取り出されるグレープシードオイルは、抗酸化作用がとても強く、様々な効能があります。

優れた抗酸化作用のお陰で髪の毛を作る毛母細胞の機能を阻害する活性酸素が上手く働けないようにしてくれます。

活性酸素を抑制することに加えて、グレープシードオイル中に含まれるオレイン酸が頭皮に不足した油分を補ってくれるので、髪や頭皮に大変有効なオイルなのです。

グレープシードオイルで頭皮マッサージを行ったり、お料理の中で普通に使用しても大丈夫ですし、サプリとして内服することでも効果が出るでしょう。

タンパク質を多く摂ることができる乳製品は、とても育毛中に適している食べ物です。

チーズはその中でもL-リジンという必須アミノ酸を持っていて、これは育毛治療の際に使われることが多い成分のミノキシジルの働きを向上させる特徴を持っています。

この事から、積極的に取り入れることが推奨されます。

しかし、過度な摂取はカゼインという乳製品全般が含んでいる成分が他の栄養素の吸収を妨げることにつながりますから、ほどほどにしておいてください。

美容室などで利用できるヘッドスバは、大変気持ちの良い物です。

しかし、ヘッドスパは、お店によって、その力加減がまったく違ってきます。

ですからできれば、ヘッドスパ専門のお店か、または高いレベルの技術者がいるお店、育毛を前面に出しているところで受けるようにするのがおすすめです。

プロのマッサージのおかげで、頭皮の血行が改善することも、ケアを怠ったせいで硬くなり、血行が酷く悪くなった頭皮を、やわらかい状態にもどしてもらうのもヘッドスパを利用することで得ることのできる、大きなメリットです。

ただし、美容室のオプションメニューとして、ヘアカットのついでに奨められるようなクラスのヘッドスパでは、イメージ通りの効果を感じられなくて、がっかりすることもあるでしょう。

レーザー治療のために毎回育毛クリニックに行くのは大変ですよね。

最近では、クリニック程の効果はないものの、自宅用の低出力のレーザー育毛器具があります。

全ての製品ではありませんが、一部のものはアメリカのFDA認可の育毛効果が実証されている製品です。

FDA認可が何かというと、分かりやすく言えば厚生労働省で認められたということに等しく、FDA認可の育毛器具は副作用のリスクが低く育毛効果もあるとアメリカ政府が実証したものだと言えるでしょう。

嗜好品なので止めるのは難しいかもしれませんが、喫煙はAGAにとっては大敵です。

非喫煙者と喫煙者を比較した場合、後者のほうがDHTと呼ばれる成分、すなわちAGAの発生因子である体内物質が増えるのです。

これはテストステロンより強い男性ホルモンです。

その上、喫煙でニコチンを摂取することにより血液の循環が阻害されるため、頭皮や髪にとっては良い環境とは言えません。

育毛やAGAの治療には大きなハンデとなりますので、自分なりにAGAかと疑う症状があるのでしたら自ら悪化させるようなことはやめて、減煙、禁煙していきましょう。

発症要因を考慮すると、AGAの症状は思春期を過ぎた人なら発症してもおかしくありません。

何歳以上の薄毛をAGAとして扱う等の特に決まっているわけではないのですが、高校一年くらいから発生している薄毛の症状でもAGAによる薄毛である可能性はゼロではありません。

ただ、男性ホルモンの影響が強いのか、それともストレスや免疫疾患に由来するのかを自己診断するのは危険ですから、早いうちに専門の病院を受診するべきです。

また、現在の二大AGA治療薬といえばミノキシジルとフィナステリド(プロペシア)ですが、後者は成人以外には安全性が未確認であることから10代では処方してもらえません。

育毛とは、今ある髪の毛をしっかりと育てていくことが目的です。

ですので、育毛剤には頭皮の状況を改善したり、髪の毛が育つために要る栄養素を届けたり、痒み、フケを抑えたりなどの健康な髪の毛を育てたり、まだ抜けるべきではない毛が抜けるのを防いでくれる効果があるでしょう。

一方で、発毛というと、さまざま原因により減ってしまった髪の毛を増やすということを目的とした行為を呼びます。

髪の毛を発生させるために、毛母細胞の活動を促進するのが発毛剤の働きですから、休眠期に入ってしまっている毛根から髪を生やすのに役立つ成分が配合されていることが多いでしょう。

この二つは同じようで髪への働き方がまるで違うため、あなたが置かれている状況次第で使い分けた方がいいですね。

薄毛の男性の9割がAGAと言われるほど日本では馴染み深いですが、残りは非AGAということになります。

比較的よく見られるのは、生え際でなく頭の一部だけが小さく円形に脱毛する円形脱毛症です。

この場合は精神的な負荷がかかっている場合や免疫上の疾患から起こりやすいようです。

ストレスと髪の関係といえば、もともと頭皮にも髪にも異常はないのに意識せず、あるいは半自覚的に毛を抜いたり、地肌を掻いて抜け毛を発生させる抜毛症という症例というのが知られています。

毛髪は身体の栄養を使って成長していくので、毎日の食事がとても大切になります。

薄毛や抜け毛が気になる人におススメの食材は、たんぱく質が補えるものです。

髪を作るためには、良質なたんぱく質の補給が欠かせません。

具体的には、大豆、乳製品、卵などが該当します。

中でも、男性ホルモンを抑えるイソフラボンを多く含んだ大豆は、育毛に効果が期待できるでしょう。

原因や種類など様々なタイプの薄毛の悩みがありますが、おでこに悩む人は少なくありません。

おでこは、育毛がとても難しい部分であり、ごまこそうにも難しい部分です。

生え際が手遅れになる前に、AGAを疑ってみてもいいでしょう。

AGA以外の原因が考えられる時は、頭皮を柔らかくするためにマッサージを取り入れたり、浸透力の高い育毛剤を試してみてはいかがでしょうか。

特におでこは気になり始めたらすぐに対策をスタートするのが良いと思います。

花王の育毛シリーズ「サクセス」は男性らしくサッパリとしたCMで、ごらんになった方も多いのではないでしょうか。

サクセスは男性用の総合ヘアケアシリーズなので、大手スーパーマーケットやドラッグストアなどで購入でき、大手メーカーならではの安価な価格設定なので、将来的な薄毛、抜け毛が気になる人ならなんとなく使ってみたこともあるかもしれません。

知名度が高く、利用者も多いサクセスですが、評価はバラバラです。

軽い使用感と手軽さの割に、抜け毛やふけを減らす効果があって大満足というクチコミがある一方で、育毛効果は感じられなかったと言う人もいるようです。

乱れた生活習慣を改善し、規則正しく健康的な生活を送ることは、結果的には、発毛を促す効果があると言えるでしょう。

例えば、人間の体は眠っている時が最も新陳代謝を活発に行うので、睡眠時間が十分にとれないと毛母細胞が老化し、健康的な髪の毛を作りだせなくなります。

または、慢性的な運動不足は全身の血行不良と新陳代謝の低下のリスクがあり、育毛においては大きなマイナス要因となります。

血行不良が進むと髪の成長に影響する頭皮にまで、栄養素が行き渡らなくなってしまうためです。

インターネットの普及とともに、育毛剤や関連製品の入手経路として、個人輸入というのも選択肢のひとつのようです。

また、外国語が分からなくても購入できるという点で、輸入代行サイトも人気で、どちらの利用者も増えてきています。

手順をわかりやすく説明するサイトもあり、不慣れな人でも手を出しやすくなったということでしょう。

正規代理店を通じて購入するよりも送料込みでずっと安い価格で購入できるとしたら、つい、心が動いてしまいますよね。

ただ、正規代理店のようなホットラインもありませんし、トラブルがあって相談したら偽物だったなんてこともあるので利用者のほうでもそれなりの知識が必要だと思います。

虚偽が疑われるサイトURLを記載したサイトもあるので確認してみてください。

しかし、それはごく一部が判明しているに過ぎません。

ちなみに私が見つけたサイトの運営会社は日本国内でしたが虚偽の住所(10階建ビルの13階)を使用していました。

期待していた効果が薄い程度で済まされれば良いですが、偽物は安全性を配慮していないため、本物以上の副作用が起こることも考えられます。

血液の成分の一つに血小板という、血液凝固や止血に深く関わるものがあります。

この血小板に影響を与えて、血流を良い状態にし、毛細血管内も順調に流れるようにし、その上、毛細血管を拡張させる、という働きを持つ物質をグルコサミンといいます。

血流が良くなったり、毛細血管が拡張されたりするのは、育毛にとっても大きなメリットとなります。

育毛に必要な、栄養や酸素を含んだ血液が、グルコサミンの働きによって血管内を効率よく移動し、頭皮にある毛細血管にまできちんと行き渡り、毛の成長に関わる大事な細胞に、たっぷり栄養補給することが可能になり、こうして育毛を促進させます。

これがよく知られるようになってきて、比較的新しい育毛剤には他の成分と共にグルコサミンが入っているものが増えてきているようです。

抜け毛と運動不足の間には因果関係があるとも言われておりますので、適度の運動は育毛につながります。

過剰にハードな運動をしてしまうと、抜け毛のために逆効果となりかねませんので、ウォーキング、ジョギングくらいが、うってつけです。

運動することで血行がうながされ、頭皮へ栄養がより運ばれますし、精神的なストレス解消の効果もあるでしょう。

数ある育毛サロンの中には、悪徳な詐欺を行っているサロンもあるため、注意が必要です。

当然のことですが、育毛サロン全てが詐欺を働いている訳ではありません。

けれども、相場をはるかに超えた施術料がかかったり、誰にでも100%効く育毛治療はこの世にないのにも関わらず、絶対に発毛すると信じ込ませようとするなど、サロンや担当者の対応で心配に思う出来事があれば、サロンと契約を結ぶより先に周りのアドバイスをもらうようにしましょう。

普段から暴飲暴食や不規則な生活を送っている場合、これを改めて生活環境を改善していく事は、健康的な頭皮や頭髪を作るうえで欠かせないものです。

これは育毛治療ではありませんから、生活習慣を改善しても髪の悩みが即座に解消する訳ではありません。

けれども、身体に良い生活習慣は頭皮の新陳代謝も活性化して、直接発毛を促すタイプの育毛ケアの作用を効きやすくするでしょう。

タバコを吸うと肺などの呼吸器官に害となる上、育毛の面でもマイナス要因となります。

喫煙で吸収されることになるニコチンが持つ作用でアドレナリンの分泌が促されます。

アドレナリンの分泌で興奮状態が引き起こされると、血管が収縮し出すので、血液の流れが滞り頭皮に満足な血液が行き渡らず、抜け毛を招くためです。

育毛はもちろん、発毛を促すのに有効だと言われている成長因子は、一種のたんぱく質で、グロースファクターという名称で呼ばれる場合もあります。

毛母細胞への働きかけを行って活動を盛んにする、乱れたヘアサイクルを正す、血行をよくするといった効果が考えられます。

治療で成長因子を毛穴に注入するという育毛クリニックも存在します。

さらに、成長因子がブレンドされている育毛剤商品もあります。

育毛には、各種栄養素が必要になります。

ですから、栄養のバランスがいい食事はとても大事です。

毛髪や頭皮が健康であるために重要な働きをする栄養素の一つが、ビタミンCです。

育毛に関わる栄養素なら、タンパク質や亜鉛がよく知られているようですが、ビタミンCも負けず劣らず重要です。

ビタミンCがどのように身体に作用するかというと、他の栄養素の吸収や生成、分解、代謝をサポートし、髪を丈夫にするコラーゲンの生成にも関与しますし、強力な抗酸化作用もあるのです。

これらの働きは全て育毛にとっては、なくてはならないもので、必須ミネラルであるカルシウムや鉄の吸収を助けたり、身体の免疫機能を高めるという働きもするため、不足すると病気にかかりやすくなります。

そんなビタミンCは、色々な野菜や果物から捕れますから、しっかり食べて、且つ壊れやすい面があるのでサプリメントも利用して意識的に摂ると、不足の心配をしなくて済みますね。

検査でしたらAGA専門のクリニックでも普通の皮膚科でも行っています。

通販などで売られている検査キットを使うと病院に行かずに検査できるというメリットがありますが、安価なのには理由があって、そんなに詳しい検査結果は出てきません。

フィナステリドが効く体質かどうかはわかるものの、今の患者の状態がどうなのか(発症しているのか)は簡易キットではわかりません。

納得のいく検査結果を望むのであればAGA専門のクリニックや皮膚科で検査を受けた方が良いでしょう。

運動不足は体全体を冷やしたり血行不良を生じさせ、睡眠不足や栄養不良と並び、薄毛や抜け毛の原因となります。

ですから、育毛の効果を高めるために、軽めで構いませんので、それなりの運動量を日常生活の中に取り入れていきましょう。

かといって余暇の時間は増やせないし、運動のための移動時間を費やすことができないという人も少なからず聞かれます。

安易に思われるかもしれませんが、育毛にはストレッチ程度の運動で充分です。

同じ姿勢を続けていると筋肉が緊張して血流が滞るため、一週間に1日とか、毎日1回だけという負荷をかけるスポーツより、1日に何度か行うストレッチのほうがはるかに有効です。

汗をかくような運動でなくても、ストレッチをすることによって血行はだいぶ改善されますから、通勤時間に階段を使ったり(下りもストレッチ効果があります)、仕事の合間に肩や首を回すのも有効です。

忙しいとあっというまに時間が過ぎてしまうので、時間を決めて行うのもいいです。

一日に複数回行うと効果的なので、朝起きたとき、寝る前などに実施するのもいいでしょう。

テレビなどで取り上げられることが多い育毛シャンプーのコマーシャルに接する度に思うのですが、これらメディアの中身から察するにこれさえ使用していれば髪の毛がしっかりと生えてくれるかのように錯覚してしまうのではないでしょうか。

しかし、決してシャンプーのみで髪の毛がふさふさに生えてくることはないといっていいでしょう。

育毛洗髪剤の持つ役目といえばしっかりとした髪が発毛されるように発毛するための頭皮バランスの調節であり、直々に毛根への作用を持っている訳ではないのです。

ハーグ治療や育毛メソセラピーを始めとする注射で直に頭皮へ育毛成分を届ける方法をとって育毛治療を行うこともあります。

経口による薬の服用に比べストレートに頭皮へ有効成分を送れるので、非常に効果が期待できる治療法と見られています。

医療行為である注射が必要なので、育毛サロンでは受け付けておらず、この治療を受けたい人はお医者さんが対応しているクリニックを受診することになります。

全然関係ないと思われるかもしれませんが、育毛と体温は切っても切れない関係にあります。

体温が低いと健康な状態に比べ免疫力が低下し、新陳代謝も悪くなります。

以前は女性に多い現象でしたが、低栄養の男性にも普通に見られるようになりました。

頭皮の血流が阻害され、温度も下がります。

代謝も低下するので皮膚トラブルも増えます。

育毛のために最適な環境が失われ、健康的な発毛がしにくい状況にもなるので体温を上げた状態をキープするのは大事なことなのです。

たまにサウナを利用することも良いですが、自宅で手軽に湯船に浸かるのも良いでしょう。

また、体を冷やすような食べ物を取り過ぎない、冷やした体をそのままにしない、体温を上げるといったことを普段から心がけましょう。

頭髪が新しく生えて成長してから自然に抜けるまでのフェイズをひとまとめにして毛髪周期(ヘアサイクル)と呼びます。

健康な人では、生えた毛が最も勢い良く伸びる成長期が男性で4年、女性では数年あり、伸びる速度に陰りが出てくる退行期、毛包が休止して(休止期)髪が伸びなくなるところで1サイクルです。

けれどもAGAの症状が出ている状態では毛周期に異常が生じて、この成長期が短くなり、これからまだ成長するべき髪がどんどん寿命を迎えてしまうので、結果的に髪が薄くなります。

もっと詳しく⇒細毛を太く育てる育毛剤